So-net無料ブログ作成

水嶋ヒロ 離婚 黒執事 俳優 復帰 [芸能]

水嶋ヒロが、絢香と離婚、
新作小説が出版社から却下などと
現在の状況に関するうわさが
ネット上で飛び交っていましたが、
オフィシャルサイトで俳優復帰についての記事をアップしました。

水嶋ヒロ.jpg

水嶋は、コミック黒執事の実写版映画の主役として、
俳優業に復帰します。



黒執事は、枢(とぼそ)やな氏の作品で、
世界的大ヒットコミックになっています。


黒執事の主人公は、料理などすべてを完璧にこなす
執事セバスチャン・ミカエリスです。
彼の正体は悪魔なんですね。
その役を水嶋が演じることになりました。


水嶋は、高校時代はサッカーで全国大会出場、
慶応大学卒業後に俳優になり、
小説家としてもデビューしています。
彼もなんでもこなす、ある種の天才ですね。


枢(とぼそ)やな氏も、
水嶋がセバスチャンを演じることには、
大喜びのようです。


実写映画のプロデューサーの松橋真三氏は、
水嶋に1年半以上前から出演依頼を続けていたそうです。
セバスチャン役は、水嶋しかいないと
考えていたようです。
水嶋が受けないなら、
実写化はしないとも決意していました。


この松橋プロデューサーのオファーを
水島は、断り続けていたそうです。


スタッフの熱意に圧倒され、
原作を読んだそうですが、
その結果、
「黒執事の内容は奥が深い」
「この作品に出演することで笑顔になるファンの姿が
しっかりと想像できましたし、
僕のことを知らない人にもきっと楽しんで頂けると、
なにか確信めいたものを感じています」
と心境が変化し出演を決めたようですね。


水嶋は現在、
「『黒執事』を良い作品にするにはどうしたらいいか」
と常に考えながら日々を過ごしているそうです。


彼には、黒執事という映画が
運命の作品になるかもしれませんね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

高校ラグビー 速報 2013 1月7日 決勝 常翔学園 優勝 [スポーツ]

高校ラグビー 速報 2013 1月7日 決勝を
ご紹介します。


第92回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催、特別協賛・神戸製鋼グループ、毎日放送)は、
1月7日、近鉄花園ラグビー場(東大阪市)で決勝が行われました。


決勝では、
常翔学園(大阪第1)が御所実業(奈良)を
17-14で破り優勝をはたしました。


常翔学園は、校名が大阪工大高だった
第75回以来17大会ぶり5度目の優勝です。


この試合、常翔学園は、
2トライで先制しますが、
強力FWを擁する御所実は、
2トライ2ゴールで
逆転に成功します。


しかし、常翔は、後半20分過ぎに
トライを決め逆転し、
そのまま逃げ切りました。


決勝戦らしい、見ごたえのある攻防でしたね。
この2校は、近畿大会でも2点差の接戦でした。


大会前、優勝候補には、
Aシードの常翔学園、東福岡、秋田工業の名前が
あがっていました。


その中でも、常翔は優勝候補筆頭と
いわれていました。


今大会で目立ったのは、
近畿勢の層の厚さです。


優勝した常翔学園も
他地区の学校には圧倒的な強さをみせ勝利しましたが、
近畿勢の御所実、伏見工業には、
苦戦をしいられました。


この結果からも
近畿勢のレベルの高さがうかがえます。


今大会は、また、東福岡の連覇が止まった
大会でもありました。
来年は、東福岡は、間違いなく
巻き返しをはかってくるでしょう。


来年の大会も楽しみですね。


今大会は、好勝負が多く
私たちを楽しませてくれました。


選手たちの健闘を称えたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

高校ラグビー 速報 2013 1月5日 [スポーツ]

高校ラグビー 速報 2013 1月5日の
ご紹介です。


常翔学園(大阪第1)  57-0  国学院久我山(東京第1)

御所実(奈良)  48-17  茗渓学園(茨城)


常翔学園対国学院久我山は、
一方的な試合展開になりました。


常翔学園は、大会前から優勝候補筆頭にあげられており、
その力をいかんなく発揮しました。


常翔学園をふくめたAシード3校のうち、
東福岡、秋田工業が姿を消し、
残ったのは常翔学園のみとなりました。


伏見工業の一戦は、大接戦になりましたが、
それ以外は、あぶなげない戦いを続けています。


国学院久我山戦をみても、
優勝にもっとも近い位置にいるのは、
間違いないでしょう。


敗れた国学院久我山の竹内監督は試合後
「歴史的な大敗。もう少しいい試合ができたはずだが、
実力を出せなかったのが悔しい」
とコメントしています。
しかし、同校にとって、
名門復活のあしがかりができた大会になったはずです。
来年以降が楽しみですね。


御所実対茗渓学園は、
御所実が8トライを奪う攻勢をみせ
決勝進出を決めました。


茗渓学園は、東福岡戦でみせた
素早い展開力を発揮することができませんでした。


今大会では、近畿勢の平均的なレベルの高さが
目立つ大会になりました。


決勝は、
常翔学園対御所実の対戦になりました。


両校は近畿大会でも対戦しており、
この時は2点差で、
常翔学園が勝っています。
決勝は、大接戦になることが予想されます。


第92回全国高校ラグビー大会決勝は、
1月7日午後2時キックオフです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

高校サッカー 速報 2013 桐光 準々決勝 動画 [スポーツ]

高校サッカー 速報 2013 桐光 準々決勝 動画を
ご紹介します。

2013/1/5 高校サッカー選手権「桐光学園 × 作陽」ゴールシーン02


桐光学園対作陽の準決勝は、
ハイレベルな戦いでした。


桐光学園は、
今大会でも注目されている松井修平のパスから
攻撃をしかけます。


作陽は、平岡翼、横川矩久の2人を起点に
攻撃をつくります。


序盤から見ごたえのある攻防でした。


守備力でやや上回る桐光学園が、
徐々に主導権をにぎり、
前半33分、DF大田隼輔のゴールで先制します。


作陽は、後半36分に同点に追い付きます。
さらに、PK戦を意識して、
GKを交代します。


PK戦に突入するかと思われた
後半アディショナルタイム、
桐光学園の野路貴之がゴールを決め、
勝ち越します。


試合は、そのまま終了して、
桐光学園が国立競技場で行われる準決勝に進出しました。


桐光学園は、第75回大会以来、
16年ぶりの準決勝進出です。
この時は、中村俊輔(現横浜F・マリノス)を擁して
準優勝しています。


この試合の勝負の決め手になったのは、
桐光学園の守備力ですね。


作陽は、後半FW三野草太を投入し、
MF平岡翼、MF横川矩久の三人を中心に
猛攻をしかけます。


これに対し桐光学園は、
DF諸石健太、中島駿らの
ゴール前でのディフェンスで、
作陽の決定的なチャンスを防ぎました。
このディフンス力が、
勝負の分かれ目になったと思います。


この安定感が保てれば、
全国制覇をなしとげてもおかしくないだけの力が、
今の桐光学園にはあると思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

高校ラグビー 速報 2013 1月3日 [スポーツ]

高校ラグビー 速報 2013 1月3日を
お伝えします。


第92回全国高校ラグビー大会第5日は
1月3日、大阪・花園ラグビー場で準々決勝が行われました。
その結果をご紹介します。


國學院久我山  29-12  石見智翠館

茗溪学園    31-24  東福岡

常翔学園    27-26  伏見工業

御所実業    17-12  秋田工業


準決勝組み合わせ(近鉄花園ラグビー場第1グラウンド)

1月5日13:00
國學院久我山VS常翔学園

1月5日14:25
御所実業VS茗溪学園


決勝日程
1月7日14:00


史上3校目の4連覇を狙った東福岡は、
24-31で茗渓学園(茨城)に逆転負けしました。
茗渓学園は23大会ぶりの準決勝進出です。


東福岡の藤田監督は
「すべて向こうが上回っていた。
FW、バックスが一体となった茗渓のプレーは、
日本のラグビーが目指すべきもの」と
相手を称えました。
主将のFL西内は
「3連覇は先輩たちの実績で、4連覇は意識していなかった。
茗渓のテンポのいいラグビーに乗せられてしまった」と
敗因を語っています。


常翔学園(大阪第1)と伏見工(京都)は、
関西の名門対決になりました。
大接戦のすえ、常翔学園が27-26で
勝ちましたが、伏見工業の実力も
大会トップレベルのものでした。


優勝候補の一角、秋田工業は、
御所実に競い負けました。
御所実の金星といってもいいでしょう。


國學院久我山と石見智翠館の一戦は、
國學院の順当勝ちとなりましたが、
石見智翠館は、よくここまで健闘しました。
来年が楽しみなチームです。


高校ラグビー 2013は、
優勝を占うのが難しくなってきましたね。
準決勝も好試合になるはずです。
楽しみですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

箱根駅伝 2013 予想 早稲田 東洋 明治 日体大 復路 [スポーツ]

箱根駅伝 2013 予想 早稲田 東洋 明治 日体大 復路を
ご紹介します。


1月2日の箱根駅伝では、
予選会から上がってきた
日体大がまさかの往路優勝を果たしました。
日体大の往路優勝は、
26年ぶりです。


日体大は、1区から終始安定したレースをみせました。
特に、山登りの最終5区の3年生の主将
服部翔大の走りは圧巻でした。


往路5連覇を狙った東洋大は、
4区を1位で通過しましたが、
5区で日体大、早稲田に抜かれ
3位でした。


早稲田は、5区でいったん首位にたちましたが、
最終的に2位でフィニッシュしました。


明治は、5区で追い上げをみせ、
4位に食い込みました。


優勝候補の筆頭とみられていた
全日本大学駅伝覇者の駒澤大は、9位と出遅れました。


出雲全日本大学選抜駅伝を制した青山学院大も6位と
出遅れています。


以下、往路の順位とタイムです。


1位 日本体育 5:40:15
2位 早稲田 5:42:50
3位 東洋 5:42:54
4位 明治 5:44:37
5位 法政 5:45:39
6位 青山学院 5:46:27
7位 帝京 5:46:27
8位 順天堂 5:46:29
9位 駒澤 5:47:12
10位 学連選抜 5:47:52
11位 山梨学院 5:48:09
12位 大東文化 5:48:46
13位 中央学院 5:50:05
14位 国学院 5:53:03
15位 日本 5:54:31
16位 上武 5:58:02
17位 東京農業 5:59:24
18位 神奈川 6:00:08
− 中央 --------
− 城西 --------


このタイムからいくと、よほどのことがないかぎり、
駒澤大と青山学院大の優勝は難しいですね。


復路は、日本体育大、早稲田、東洋、明治の優勝争いになるとみられます。


レースの流れから、東洋大が優勝しそうな展開にもなってきましたね。


ただ、今年は、各大学とも力が拮抗しています。
レースの行方は、ふたを開けてみないとわからない状況です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

しまむら 福袋 2013 中身 [ショッピング]

しまむら 福袋 2013 中身を
ご紹介します。


レディースハッピーバッグ
婦人HKワークスロンドンハッピーバッグ7点セット 5,000円

ティーンズハッピーバッグ5点セット 3,000円 3種類

ティーンズハッピーバッグ5点セット 5,000円

婦人ディズニーハッピーバッグ6点セット 3,000円

婦人ナチュラルパレットハッピーバッグ 3,000円


紳士ニューバランスハッピーバッグ4点セット 5,000円

婦人ノンワイヤーブラジャー+ショーツセット各種3組セット 1,000円

婦人成型インナーセット6点セット 1,000円

お子様キャラクターボクサーブリーフ・ショーツ5点セット各種 1,000円

婦人キャラクターインナーセット5点セット各種 1,000円

紳士トランクス・ボクサーブリーフ5点セット各種 1,000円

婦人キャラクターソックス6点セット各種 1,000円

紳士アディダスハッピーバッグ4点セット各種 2,000円

婦人アディダスハッピーバッグ4点セット各種 2,000円

お子様動物モチーフハッピーバッグ4点セット各種 1,000円

婦人ハローキティハッピーバッグ3点セット 2,000円

お子様アディダスハッピーバッグ4点セット各種 2,000円

婦人キャラクターハッピーバッグ5点セット各種 2,000円

お子様キャラクターステーショナリーハッピーバッグ6点セット各種 1,000円

紳士パジャマハッピーバッグ3点セット各種 2,000円

男児・女児キャラクターパジャマハッピーバッグ3点セット各種 2,000円

京都西川寝具3点セット各種 2,000円

婦人キャラクターパジャマハッピーバッグ3点セット各種 2,000円
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。