So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 2012年12月 |2013年01月 ブログトップ

第49回全国大学ラグビー選手権 組合せ 準決勝 [スポーツ]

第49回全国大学ラグビー選手権 組合せ 準決勝を
ご紹介します。


2013年1月2日に行われる準決勝2試合は、
帝京大-早大、筑波大-東海大です。


全国大学ラグビー選手権は、
今季から運営方式が変更されました。


ファーストステージ、セカンドステージ、準決勝、決勝と
すすむことになります。


2012年12月23日にセカンドステージが
終了し準決勝に進出する大学が決定しました。


セカンドステージでは、
ファーストステージを勝ち上がった地区代表1校と
関東対抗戦、関東リーグ戦、関西リーグ戦各5校の
計16校が4校ずつ4組に分かれリーグ戦を行い、
各組の1位が準決勝に進むことになった。


これは、今年から導入された試合方式ですね。
大学ラグビーのレベルアップを
狙ったものです。


しかし、今季の方式には、
賛否両論があがっているようです。


関西の大学からは、
セカンドステージで、リーグ選形式なので
最低3試合できるのがいいという意見もあります。


関東の大学からは、
セカンドステージから各組1チームしか
準決勝にすすむことができないので
2位チームのモチベーションが続かないという
声も聞こえます。


今季の方式から見えてきたのは、
結局、準決勝にすすんだのはすべて
関東の大学で、
そのうち3校は、
関東対抗戦に所属しています。


大学王者を決める大会として、
公平感を欠くという考えもあり、
今後、再検討する必要があるといえるでしょう。


ともあれ、準決勝に進んだ4校は、
まちがいなく今季の実力校であり、
どこが決勝にコマをすすめるのか
注目されます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

高校ラグビー 速報 2013 12月30日 [スポーツ]

高校ラグビー 速報 2013 12月30日を
お伝えします。


秋田工業  48-0   若狭東

西陵    24-10  光泉

桐蔭学園  62-7   東海大翔洋

御所実業  10-5   東京

國學院久我山21-17  大阪桐蔭

報徳学園  44-0   平工業

佐賀工業  28-0   日本航空石川

常翔学園  70-0   荻商工

流通経済大柏46-0   新潟工業

石見智翠館 26-26  長崎南山

茗渓学園  57-5   高鍋

大阪朝鮮  45-3   コザ

深谷    14-10  日川

伏見工業  34-0   荒尾

尾道    17-0   國學院栃木

東福岡  102-0   遠軽


史上3校目の4連覇を狙う東福岡が登場しました。
遠軽を貫禄の零封勝利でした。


Aシードの常翔学園、秋田工も登場し、
いずれも零封勝ちでした。


桐蔭学園、伏見工業、大阪朝鮮などの
Bシード校10校もすべて3回戦に進みました。


4連覇を狙う東福岡についてですが、
前評判では、昨年に比べだいぶ力が低下していると
いわれていました。


しかし、今日の試合をみるかぎりでは、
攻撃、ディフェンスともさすがといえます。
地力がありますね。


東福岡に対抗する常翔学園、秋田工も
相当の力を持っています。


さらに、Bシードの各校も
安定した力を持っていますね。


今年の優勝の行方は、3回戦をみてみないと
実力をはかるのがむずかしい状況にあります。


3回戦以降、レベルがあがったときに
各校がどんな戦いをみせるか
面白い大会になってきたと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

高校ラグビー 展望 2013 [スポーツ]

高校ラグビー 展望 2013です。


第92回全国高校ラグビーフットボール大会は、
12月27日に開幕しました。


注目は、東福岡の4連覇なるかということですね。
しかし、東福岡は昨年に比べ、
戦力ダウンしていると言われています。


まず、Aシード校は、
東福岡(福岡)、常翔学園(大阪第1)、秋田工業(秋田)です。


Bシード校は、
伏見工業(京都)、深谷(埼玉)、大阪朝鮮高(大阪第2)、
茗渓学園(茨城)、石見智翠館(島根)、流通経済大柏(千葉)、
報徳学園(兵庫)、国学院久我山(東京第1)、御所実業(奈良)、
桐蔭学園(神奈川)となっています。


この中で、前評判が高いのは、
常翔学園、秋田工、伏見工、大阪朝鮮、
東福岡、石見智翠館、国学院久我山、御所実
あたりです。


なかでも、常翔学園を優勝候補筆頭にあげる人が多いようです。
秋田工を押す人もいますね。


とはいえ、東福岡の力は、やはりあなどれません。


東福岡は、高校日本代表候補を8人、
常翔は、7人擁しています。
秋田工業は、5人ですね。


3回戦終了後に、組み合わせ抽選が行われるので、
この抽選の結果も大きく影響するでしょう。


しかし、現段階では、
東福岡、常翔、秋田工業の三校の
優勝争いになるものと予想されます。


その他の高校がこの三校と
どのような戦いを見せるのかも見どころになります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

- |2012年12月 |2013年01月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。