So-net無料ブログ作成

高校サッカー 速報 2013 桐光 準々決勝 動画 [スポーツ]

高校サッカー 速報 2013 桐光 準々決勝 動画を
ご紹介します。

2013/1/5 高校サッカー選手権「桐光学園 × 作陽」ゴールシーン02


桐光学園対作陽の準決勝は、
ハイレベルな戦いでした。


桐光学園は、
今大会でも注目されている松井修平のパスから
攻撃をしかけます。


作陽は、平岡翼、横川矩久の2人を起点に
攻撃をつくります。


序盤から見ごたえのある攻防でした。


守備力でやや上回る桐光学園が、
徐々に主導権をにぎり、
前半33分、DF大田隼輔のゴールで先制します。


作陽は、後半36分に同点に追い付きます。
さらに、PK戦を意識して、
GKを交代します。


PK戦に突入するかと思われた
後半アディショナルタイム、
桐光学園の野路貴之がゴールを決め、
勝ち越します。


試合は、そのまま終了して、
桐光学園が国立競技場で行われる準決勝に進出しました。


桐光学園は、第75回大会以来、
16年ぶりの準決勝進出です。
この時は、中村俊輔(現横浜F・マリノス)を擁して
準優勝しています。


この試合の勝負の決め手になったのは、
桐光学園の守備力ですね。


作陽は、後半FW三野草太を投入し、
MF平岡翼、MF横川矩久の三人を中心に
猛攻をしかけます。


これに対し桐光学園は、
DF諸石健太、中島駿らの
ゴール前でのディフェンスで、
作陽の決定的なチャンスを防ぎました。
このディフンス力が、
勝負の分かれ目になったと思います。


この安定感が保てれば、
全国制覇をなしとげてもおかしくないだけの力が、
今の桐光学園にはあると思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。