So-net無料ブログ作成
検索選択

箱根駅伝 2013 予想 早稲田 東洋 明治 日体大 復路 [スポーツ]

箱根駅伝 2013 予想 早稲田 東洋 明治 日体大 復路を
ご紹介します。


1月2日の箱根駅伝では、
予選会から上がってきた
日体大がまさかの往路優勝を果たしました。
日体大の往路優勝は、
26年ぶりです。


日体大は、1区から終始安定したレースをみせました。
特に、山登りの最終5区の3年生の主将
服部翔大の走りは圧巻でした。


往路5連覇を狙った東洋大は、
4区を1位で通過しましたが、
5区で日体大、早稲田に抜かれ
3位でした。


早稲田は、5区でいったん首位にたちましたが、
最終的に2位でフィニッシュしました。


明治は、5区で追い上げをみせ、
4位に食い込みました。


優勝候補の筆頭とみられていた
全日本大学駅伝覇者の駒澤大は、9位と出遅れました。


出雲全日本大学選抜駅伝を制した青山学院大も6位と
出遅れています。


以下、往路の順位とタイムです。


1位 日本体育 5:40:15
2位 早稲田 5:42:50
3位 東洋 5:42:54
4位 明治 5:44:37
5位 法政 5:45:39
6位 青山学院 5:46:27
7位 帝京 5:46:27
8位 順天堂 5:46:29
9位 駒澤 5:47:12
10位 学連選抜 5:47:52
11位 山梨学院 5:48:09
12位 大東文化 5:48:46
13位 中央学院 5:50:05
14位 国学院 5:53:03
15位 日本 5:54:31
16位 上武 5:58:02
17位 東京農業 5:59:24
18位 神奈川 6:00:08
− 中央 --------
− 城西 --------


このタイムからいくと、よほどのことがないかぎり、
駒澤大と青山学院大の優勝は難しいですね。


復路は、日本体育大、早稲田、東洋、明治の優勝争いになるとみられます。


レースの流れから、東洋大が優勝しそうな展開にもなってきましたね。


ただ、今年は、各大学とも力が拮抗しています。
レースの行方は、ふたを開けてみないとわからない状況です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。